コピーライティングを考える上で大切な3つのポイント

商品を販売するためには、どんな形であれ広告で商品の良さをアピールすることが大切です。

しかし「広告を作ろうにもどんなことを書けばいいのか分からない…」と言う方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、今回はコピーライティングをする際に重要な3つの要素を解説していきます!

 

ポイント1:自社商品の強みを把握すること

まず大事なのは自社商品・サービスの強みは何なのか?というのを十分に把握することです。

様々な商品やサービスであふれている現代では、何の強みもない商品・サービスは到底生き残ることはできませんし、そもそも広告で書くことがありません!

・自社商品の特徴は何か?
・他社の製品と比べてどう違うのか?
・どんな数値やデータが出ているのか?

などなど、商品について熟知していることがコピーライティングの第一条件になります。

闇雲に文章を書きだす前に、まずはしっかりと商品の特徴や性能を熟知しておきましょう。

 

ポイント2:読み手が安心できる要素はあるか?

お客様というのは、広告でどんなに商品の魅力について伝えても

・もしこの広告が嘘で、無駄なお金を使うことになったらどうしよう…
・もし高いお金を払って商品を買って、効果が得られなかったらどうしよう…

という不安を抱いているので、中々購買行動に移れません。

そこで重要なのが、お客様が安心できる要素を広告に盛り込むことです。

例えば

・多数の販売実績
・実際に商品を使ったお客様の声
・会社が持っている資格を明示する
・過去の受賞歴を公開する

などなど。

他にも「商品の効果が得られなかった場合は全額返金いたします!」
などの保証をつけるというのもお客様の安心につながります。

こうした読み手が安心感を感じる要素を紹介していくことで、
会社や商品に対して信頼感が芽生え、購買行動に移りやすくなります。

ただし、販売実績やお客様の声などを載せる時は

・なるべく細かい数字を出す
・お客様の顔写真や名前などを出す

など、真実味が感じられる形でないと効果はありませんのでご注意ください。

 

ポイント3:希少性・限定性を感じる要素はあるか?

3つ目は商品の希少性・限定性をアピールすることです。

お客様は広告を読んでも

・「うーん、とりあえずもう少し様子を見よう…」
・「買おうか悩むけど、今すぐ決めなきゃいけないわけでもないし…」

という風に買うか買わないかの決断を先延ばしにしてしまい

・結局商品を買わずに終わってしまった
・他社の同じような製品に流れてしまった

ということがよくあります。

こうした事態を防ぐために、商品の希少性・限定性をアピールして、商品購入への決断を急がせるというのが重要になってくるわけです。

例えばテレビの通販番組でも「番組終了後30分以内にお電話いただいた方は半額!」というキャンペーンを行っているのをよく見ますが、これは限定性をアピールして商品購入を急がせる工夫の典型的な例と言えます。

こうした希少性・限定性を打ち出すことで、せっかくの販売の機会を逃してしまうことを防ぐことができますので、是非あなたも試してみてください。

 

まとめ

今回ご紹介したように、コピーライティングでは

・商品の魅力を十分に伝えること
・読み手に安心感を与えること
・商品購入の決断を急がせる工夫

この3つの点が重要です。

そして、この3つを考える際に基点となるのはやはり「どれだけ商品について熟知しているか?」ということだと思います。

あなたも早速、自社の商品やサービスを見直してみましょう!

 

投稿者: Yuki