記事ライティングを行う上で注意すべき7つのこと

今の時代、記事ライティングを副業にしているという方は多くなっているかと思います。ブログの記事をはじめ、ホームページに掲載する記事やアフィリエイトのための記事・・・いろいろな記事ライティングがあるものです。しかしながら、記事ライティングをおこなっていくのであれば、やはりその記事をより読んでもらえるものに仕上げていくことが求められます。何も考えずに記事ライティングをおこなっていったのでは、せっかくの記事もあまり役に立たないかもしれません。ここでは、記事ライティングをおこなう上で注意すべきことについてご紹介していきたいと思います。

ひとつの文章を適度な長さにすること

記事ライティングをおこなう上で注意すべきことということですが、まずはひとつの文章を適度な長さにすることです。というのも、自分にとって強調したい部分というのはどうしてもひとつの文章に情報や気持ちを込め過ぎてしまうものです。

例えば、「この商品は本当におすすめで、○○という特徴があって、△△というメリットがあるので、自分用にもおすすめですし、お友達へのプレゼントにもおすすめですので是非ご購入ください!」というひとつの文章があったとします。おすすめしたい気持ちは伝わってくるものの、ひとつの文章として長すぎます。文章として読んでみてしっくりはこないものです。同じ内容でも「この商品には○○という特徴があり、さらに△△というメリットがあります。自分用にはもちろん、お友達へのプレゼントにもおすすめですので是非ご購入ください。」と文章を適度な長さにすることによって、文章が伝わりやすくなりますし、読みやすくなります。

逆に、短すぎるのも好ましくありません。短い文章で構成すると「この商品は本当におすすめです。○○という特徴があります。△△というメリットもあります。自分用にもおすすめです。お友達へのプレゼントにもおすすめです。是非ご購入ください!」といった感じにあるかと思いますが、今度は片言のような印象を受けます。長すぎず短すぎず、読み手がスムーズに読めるような適度な長さの文章を意識していくことが大切なのです。

接続詞を使っていくこと

記事ライティングにおいては、接続詞も重要なポイントになってきます。接続詞というのは、「しかしながら」「また」「そして」といった文章の前後をつなげてくれる表現です。これによって、文章というのはより読みやすくなってきます。仮に、文章において接続詞をまったく使わないとなると文章ひとつひとつがぶつ切りの印象になってしまいますし、場合によっては前後の流れがわからなくなってしまい本来の意味を伝えることができなくなってしまうかもしれません。

例えば、「買い物に行きました。ほしいものが売り切れていました。他の店で買うことになりました。」という文章があったとします。意味はわかるものの、まるでロボットのような印象を受けてしまいます。これに接続詞を使っていくと、「買い物に行きました。しかし、ほしいものが売り切れていました。そのため、他の店で買うことになりました。」という感じになります。より自然な流れになりましたし、人間味が感じられるような文章になったかと思います。

やはりぶつ切りの文章というのは、人間味というものを感じられないものです。もちろん、場合によってはそういう文章のほうがいいということもあるかもしれません。しかしながら、記事ライティングで何かを伝えたいのであれば、やはり接続詞を使ってより自然な文章で人間味を満たせながら効果的に伝えていきたいものです。接続詞の有無というのは文章の印象を大きく左右するものです。いろいろな接続詞を知っておくと、より表現の幅も広がるのではないでしょうか。

誰にでもわかる表現をすること

記事ライティングにおいては、誰にでもわかる表現というものを心がけていきましょう。読んでいる方の全員が理解できるような表現が理想的ではあるのですが、現実的にはやはり難しいものです。しかしながら、より多くの方に理解してもらえるような表現を心がけていくようにしたいものです。

わかりやすい一般的な言葉を使うというのはもちろんなのですが、内輪ネタのようなものを使わないというのも重要になってきます。例えば、何人かのグループで話しているときに一部のメンバーしかわからないネタで盛り上がっていると、そのネタを理解できない他のメンバーというのは取り残されたような気分を味わうことになります。これは決していい気分ではありませんし、人によっては腹立たしさを感じることもあるでしょう。これは文章においても同じことが言えます。一部の方にしかわからない文章にしてしまうと、理解できない方が離れていってしまうのです。より多くの方に読んでもらいたいのであれば、内輪ネタのような限定されたネタを使うのは避けておきたいものです。

誤字や脱字をしないこと

記事ライティングに限ったことではないのですが、文章を書く以上は誤字や脱字をしないようにしていきたいものです。人間が文章を考えて書いている以上は、どうしても誤字や脱字の可能性というのは出てくるものです。長文の中で1回2回であれば読んでいるほうも「仕方ないかな」と思いますし、場合によっては気づかないこともあるかもしれません。

しかしながら、誤字や脱字が何度も何度も出てくると、やはり「え、これ大丈夫なの?」と思ってしまうものです。ミスというのは人間である以上、誰もが抱えるリスクでもあります。しかしながら、誤字や脱字があまりにも多いとその記事ライティングに対する信頼というものも失ってしまいます。「適当に書いてるんじゃないの?」と言われてしまっても仕方がないでしょう。

また、誤字や脱字によって文章の意味が変わってしまって、読み手に不愉快な思いをさせてしまうこともあるかもしれません。例えば、「気持ちいい」と書きたかったのに「きもい」と書いてしまうと、意味としては真逆になってしまいます。「きもい」という表現そのものに嫌悪感を抱く方も多いでしょう。文章の信頼性はもちろんなのですが、誤字や脱字によって文章そのものの意味が変わってしまうということも注意しておきましょう。伝えたいことをしっかりと伝えるためには、誤字や脱字をしないようにすることも大切なのです。

漢字を使いすぎないこと

これは盲点ともいえる部分なのですが、記事ライティングにおいては漢字を使いすぎないことも大事なポイントです。文章を書いている方の中には、変換されるがまま漢字を使っている方も多いのではないでしょうか。意味もなく平仮名を使うのはもちろん好ましくないのですが、だからといって漢字にできる部分をすべて漢字にするのも決していいとは言えません。

例えば、「一つの林檎が在る事を相手に伝える事が出来ました。」という文章があったとします。意味はわかるものの、ひと昔前の文学作品のような雰囲気の文章になってしまいます。漢字に変換できるからといって、すべてを漢字にする必要はありません。この場合には漢字を多用しなくとも「ひとつのリンゴがあることを相手に伝えることができました。」といった文章でも十分に伝わりますし、文章として抵抗感なく受け入れることができるのではないでしょうか。

漢字が多いと文章として読みにくくなるだけではなく、なんとなく読み手に対して敷居の高い感じを与えてしまいます。より多くの方に読んでもらうためには、やはりある程度の親しみやすさというのは大切です。せっかく日本には漢字だけではなく平仮名や片仮名もあるのですから、全部を漢字に変換するのではなく、漢字や平仮名、片仮名をバランスよく組み合わせて文章を書いていくようにしましょう。

記事全体の流れを意識すること

記事ライティングにおいて、記事全体の流れを意識することも大切です。いわゆる起承転結を意識することが重要になってくるのですが、記事ライティングに関しては効果的に伝わるのであれば順番を前後しても問題はないでしょう。しかしながら、だからといって話が右往左往していいというわけではありません。フルーツの話をしていたかと思ったら突然政治の話になって、政治の話をしていたかと思ったら今度は宇宙の話になって・・・ということでは、読み手が話題についていくことができません。

最初に結論を持ってくるのであればその後にその結論の根拠を示していくべきですし、最後に結論を持ってくるのであれば最初に問題提起をしてなぜその結論にたどり着いたのかを説明していくべきです。このように記事全体の流れを意識することによって、最後まで読んでもらえるような記事ライティングができるようになるのです。

載せる媒体に応じて構成を使い分けること

そして、載せる媒体に応じて構成を使い分けていきましょう。例えば、ブログ記事であればタイトルの後に導入文を書いて、その後に小見出しをいくつか用意して、最後にまとめ・・・という構成が一般的です。しかしながら、もしその記事をメールマガジンで使うのであれば、また構成を変えていく必要があります。メールマガジンの場合には件名が記事のタイトルに当たります。本文も小見出しつきよりは、改行を入れて、スクロールしたときに見やすい状態にしていくべきでしょう。場合によっては一行あたり何文字にするかというところまで考える必要があります。

このように記事ライティングの際には、その記事をどのような媒体に載せていくのかということを考えて構成を変えていきましょう。それぞれの媒体によって効果的に見せる文章の構成というのは変わってくるものです。同じ文章であってもその構成次第で、最後まで読んでもらえるかどうかが変わってくるといっても過言ではありません。

投稿者: Yuki